トラブルシューティング

Pocket

インストール時

インストール時に 「404 Not Found」 が表示される

  • インストーラの指定(/install)が間違っていないかご確認ください。
    標準的なディレクトリ構成の場合、http://(ドメイン名)/install となります。
  • 配置したソースの / および、app/、app/webroot/ 内に、 .htaccess ファイルが存在するかご確認ください。
    存在しない場合、iroha Board のソースから再度コピーしてください。
  • httpd.conf (Apache の設定ファイル) で以下の設定が正しく行われているか確認ください。
    ※ レンタルサーバの場合には、httpd.conf ファイルの編集は必要ありません。
    • mod_rewrite.so、mod_headers.so モジュールがロードされていること。
    • <Directory /> 内で AllowOverride All と設定されていること。
      ※ / および、app/webroot/ 内の  .htaccess ファイルの設定を有効にするために必要となります。

「ROOTディレクトリが見つかりません」「アプリケーションディレクトリが見つかりません」「libディレクトリが見つかりません」などと表示される

  • v0.10.3 以降のバージョンをご利用ください。
  • v0.10.2 以前をご利用の場合、こちらを参考に webroot/index.php を正しく設定してください。

database.php をWindows標準のメモ帳で開くと1行で表示される

  • iroha Board のファイルの改行コードは LF を採用している為、Windows 標準のメモ帳では正しく表示されません。
    TeraPad など改行コード LF に対応しているテキストエディタを使用して編集してください。

インストール時に画面が真っ白になる

  • PHP のバージョンによって正常に動作していない場合がございます。
    PHP のバージョンが5.4以上となっているか確認してください。
  • Apache のエラーログをご確認ください。
    Apache エラーログの場所はサーバによって異なります。
  • app/tmp ディレクトリへの書き込み権限がない可能性があります。以下のディレクトリを手動で作成し、パーミッションを「755」「777」等に変更してください。
    app/tmp
    app/tmp/cache
    app/tmp/logs

インストール時にエラーメッセージ 「500 Internal Server Error」 が表示される

  • Apache のエラーログをご確認ください。
    Apache エラーログの場所はサーバによって異なります。
  • Apache の mod_rewrite, mod_headers モジュールがロードされていることをご確認ください。
  • さくらインターネットでマルチドメインを利用している場合、/(iroha Board のルートディレクトリ)/.htaccess の内容を以下のように変更することで改善する可能性があります。
変更前
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^ index.php [L]
</IfModule>
変更後
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteRule ^ index.php [L]
</IfModule>

インストール時に「データベースへの接続に失敗しました。データベース設定ファイル(Config/database.php)をご確認ください。」が表示される。

  • app/Config/database.php にて MySQL のホスト名、データベース、アカウント情報が正しく設定されているかご確認ください。
    ※ 事前に MySQL 側で iroha Board 用のデータベース、接続用アカウントを作成しておく必要があります。
  • pdo_mysql がインストール済みかつ php.ini にて pdo_mysql がロードされていることをご確認ください。
    ※ レンタルサーバを利用する場合、この作業は必要ありません。

利用時

画面の右上に見慣れないアイコンや、画面下に多くの文字列が表示される

  • http://localhost/ で iroha Board にアクセスすると、開発やデバッグを支援するための、デバッグ情報が表示されます。必要ない場合、app/Config/core.php の25-26行目の行を以下のようにコメントアウトしてください。http://localhost 以外で iroha Board にアクセスした場合には、この情報は表示されません。
// if($_SERVER['SERVER_NAME']=='localhost')
//    Configure::write('debug', 2);

エラーメッセージ「An Internal Error Has Occurred.」が表示される

  • iroha Board のエラーログファイル(app/tmp/logs/error.log)をご確認ください。
  • app/Config/core.php ファイルの25行目を以下のようにコメントアウトすることで、より詳細な情報が表示できます。
    ※ 運用時には元に戻して下さい。
// if($_SERVER['SERVER_NAME']=='localhost') ※変更前
//    Configure::write('debug', 2);
↓
// if($_SERVER['SERVER_NAME']=='localhost') ※変更後
    Configure::write('debug', 2);

エラーメッセージ「The request has been black-holed.」が表示される

  • しばらく画面を放置すると、画面上の埋め込まれているCSRF対策用のトークンの有効期限が切れ、表示されます。一度画面をリフレッシュして下さい。

Internet Explorer 11 でコンテンツ一覧画面や管理画面の表示が乱れる

  • Internet Explorer の「互換表示設定」を開き、iroha Board で利用しているドメインが「互換表示に追加したWebサイト」に存在しないかご確認ください。またイントラネットサイトを利用してる場合には「イントラネットサイトを互換表示で表示する」をオフにし、ご確認ください。(iroha Board は Internet Explorer 11 の互換表示モードに対応しておりません。)
    v0.9.16 以降では互換表示設定を無効とするように設定されています。

ファイルのアップロードに失敗する

  • サーバもしくは iroha Board のアップロード上限の設定が原因の可能性があります。
    アップロード上限の変更については FAQ を参照してください。
  • webroot ディレクトリ内に uploads ディレクトリが存在するか確認し、存在しない場合は uploads ディレクトリを作成して下さい。

リバースプロキシ環境で正常にリダイレクトされない

  • リバースプロキシ(ロードバランサー)を使用している環境では、通常と違うURLにリダイレクトされる場合があります。その場合、app/webroot/index.php の先頭に以下のコードを挿入することで解決する場合ございます。
if (isset($_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_HOST']))
{
	$_SERVER['HTTP_HOST'] = $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_HOST'];
	$_SERVER['HTTPS'] = 'on'; // HTTPSアクセスを強制する場合
}

上記に加え、Web公開ディレクトリ上のサブディレクトリにインストールしている環境では、app/Config/core.php に以下のコードを追加することで解決する場合ございます。

Configure::write('App.baseUrl', '(サブディレクトリ名)');

ユーザ情報CSVファイルがインポートできない

  • CSVファイルの各項目がインポート画面に記載されている項目と一致しているかご確認ください。
  • CSVファイルの文字コードが「Shift-JIS」となっているかご確認ください。
  • データベースの文字コードが「UTF-8」となっているかご確認ください。