FAQ

Pocket

Q. レンタルサーバはどこがお勧めですか?

A. エックスサーバが最もよく使われております。月額1000円から利用可能で、豊富な機能とパフォーマンスに定評があり、iroha Board のデモサイトもエックスサーバ上で運営しております。

https://www.xserver.ne.jp/


Q. 動画のストリーミングサービスはどこがお勧めですか?

A. Vimeo がよく使われております。月額数千円程でほぼ無制限に動画の配信が行えるほか、パスワードやアクセス元ドメインによるコンテンツ保護機能なども搭載されております。無料プラン(Vimeo Basic) も用意されております。

https://vimeo.com/jp/


Q. iroha Board は SCORM をサポートしていますか?

A. サポートしておりません。


Q. iroha Board のユーザ数、グループ数、コース数、コンテンツ数に上限はありますか?

A. 特に上限はございません。


Q. 受講者を増やした場合、パフォーマンスにどのような影響が出ますか?

A. 使用されているサーバ環境や、利用状況にもよりますが、これまでに数千人規模までであれば、一般的なレンタルサーバで特に問題なく運営できることを確認しております。但し学習履歴の「CSV出力」機能は対象履歴の件数によってはタイムアウトする場合がございます。その場合、条件を絞って出力してください。

v0.10.1 にて大幅なパフォーマンスの改善を行いました。


Q. データのバックアップはどのようにできますか?

A. iroha Board 自体にはバックアップ作成機能はありませんが、以下の2つのデータをコピーを作成することで、データのバックアップが可能です。

  • iroha Board のデータベース (mysqldump コマンドなどで作成可能)
  • /webroot/uploads ディレクトリ

Q. ローカル環境(Windows)にはどのようにインストールできますか?

A. 検証・開発などを目的にローカル環境にインストールしたい場合、XAMPP などで環境を作成することでインストール可能です。

インストール手順

  1. XAMPP 5.6.x をダウンロードします。
    https://www.apachefriends.org/jp/download.html
  2. インストーラを起動し、インストールを行います。
    iroha Board に必要なコンポーネントは、「Apache」「MySQL」「phpMyAdmin」のみです。
  3. インスール後、ブラウザで phpMyAdmin を開き、データベースの作成を行います。
    MySQL のデフォルトのアカウントは root (パスワードなし)です。照合順序には「utf8_bin」を指定してください。
  4. 以降は通常のインストール方法でインストールを行ってください。
    デフォルトの公開ディレクトリは「C:\xampp\htdocs\」です。

※ XAMPP のデフォルトの設定では運用しないでください。
外部に公開する必要がある場合には、必ず MySQL の root のパスワードの変更, phpMyAdmin 等へのアクセス制限を行ってください。


Q. アップロードファイルのサイズの上限はどのように変更できますか?

A. アップロードファイルのサイズの上限の設定はアプリケーション側、Webサーバ側の2種類があります。
アプリケーション側は Config\ib_config.php の 77-79 行目で設定可能です。(デフォルトは10MB、単位はバイト数)
$config[‘upload_maxsize’] = 1024 * 1024 * 100; // 配布資料 (100MB)
$config[‘upload_image_maxsize’] = 1024 * 1024 * 2; // 画像ファイル (2MB)
$config[‘upload_movie_maxsize’] = 1024 * 1024 * 100; // 動画ファイル (100MB)

Web サーバ側は php.ini ファイルで、以下のように upload_max_filesize (アップロードファイル最大サイズ) の値を設定することによって変更可能です。
upload_max_filesize = 128M
また必要に応じて、memory_limit (利用可能なメモリサイズ), post_max_size (POSTデータの最大サイズ), max_execution_time (最大実行時間[秒]) の値も変更してください。
memory_limit = 128M
post_max_size = 128M
max_execution_time = 120

設定が反映されているかどうかは、webroot ディレクトリに以下のように記述した phpinfo.php ファイルを配置し、
ブラウザで http://(iroha Board の URL)/phpinfo.php を開くことによって、upload_max_filesize などの設定値が確認可能です。
<?php
phpinfo();
?>

※ etc/php.ini, php/php.ini の設定は、Apache を再起動するまで反映されません。
※ 確認後は、配置したファイルを削除してください。


Q. セッションのタイムアウト時間はどのように変更できますか?

サーバ上の php.ini ファイルの gc_maxlifetime の値を設定することで変更可能です。

例えば1時間と設定したい場合には、以下のように設定します。(単位は秒)

session.gc_maxlifetime = 3600


Q. ディレクトリ構造を変更した場合、webroot/index.php をどのように編集すればいいですか?

A. 以下のようなディレクトリ構造の場合、標準の状態で動作いたします。
それ以外のディレクトリ構造の場合、webroot/index.php を編集する必要があります。

iroha Board のソースを1階層下に配置する場合

index.php の編集内容
※ iroha Board のバージョンによって行数が異なります。

83-87行目

// cake ディレクトリが webroot の1階層上に存在する場合
// define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', dirname(dirname(dirname(__FILE__))).DS.'cake'.DS.'lib');

// cake ディレクトリが webroot の2階層上に存在する場合
define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', dirname(dirname(dirname(dirname(__FILE__)))).DS.'cake'.DS.'lib');

 

iroha Board のソースを、アプリケーションと webroot に分離する場合

index.php の編集内容
※ iroha Board のバージョンによって行数が異なります。

41-45行目

// webroot ディレクトリがアプリケーションディレクトリ内に存在する場合
//define('ROOT', dirname(dirname(dirname(__FILE__))));

// webroot と app ディレクトリを分離する場合
define('ROOT', dirname(dirname(__FILE__)));

62-66行目

// webroot ディレクトリがアプリケーションディレクトリ内に存在する場合
//define('APP_DIR', basename(dirname(dirname(__FILE__))));

// webroot と app ディレクトリと分離する場合
define('APP_DIR', 'app');

83-90行目

// cake ディレクトリが webroot と同じ階層に存在する場合
define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', dirname(dirname(__FILE__)).DS.'cake'.DS.'lib');

// cake ディレクトリが webroot の1階層上に存在する場合
//define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', dirname(dirname(dirname(__FILE__))).DS.'cake'.DS.'lib');

// cake ディレクトリが webroot の2階層上に存在する場合
//define('CAKE_CORE_INCLUDE_PATH', dirname(dirname(dirname(dirname(__FILE__)))).DS.'cake'.DS.'lib');

126-130行目

// webroot ディレクトリがアプリケーションディレクトリ内に存在する場合
//define('WEBROOT_DIR', basename(dirname(__FILE__)));

// webroot と app ディレクトリを分離する場合
define('WEBROOT_DIR', '');